« 「悪役」に理あり | トップページ | 日々の写真 5/8 »

2010年5月 8日 (土)

日々の写真 5/7

B10050701

B10050702

初期の大河ドラマの映像は殆ど現存していないらしい。

それでも、「太閤記」(1965)の映像は、

「NHK想い出倶楽部Ⅱ~黎明期の大河ドラマ編~③太閤記」

というDVDに収録されていることが判った。

Amazonで発注するに、@¥3800也

出費だけど、どうしても視たくなったのでやむなし。

最寄りのTUTAYAにもチェックしに行く。

大河のコーナーはかなりのスペースを占めていたが、

やはり、初期の作品は極めて少ない。

そんな中で見つけたのが「新平家物語」(1972)2巻総集編。

このくらいだったら、記憶も残っている。

仲代達矢の清盛が良かったし、

(今までで、一番イメージに近い清盛だったと思う。

 あのぎょろ目が、六波羅蜜寺の伝清盛像を彷彿とさせた。

 でも、最近の風林火山の信虎はお疲れさんだ)

成田三樹夫が「宇治の悪左府」藤原頼長で、

小沢栄太郎が信西入道と、凄いキャスティングだったなと、

感慨に耽りつつ、手を伸ばしたら貸し出し中だった。

仕方ない。まぁ、待つとするか…

(写真 CX2)

|

« 「悪役」に理あり | トップページ | 日々の写真 5/8 »

日々の写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「悪役」に理あり | トップページ | 日々の写真 5/8 »