« 中世の銭湯 | トップページ | 家康という男 »

2010年5月 3日 (月)

「他力本願」ストラップ

B10050202

日本橋にて二つの展覧会を観る。

「特別展 江戸を開いた天下人 徳川家康の遺愛品」

(4/14~6/20 三井記念美術館)

「親鸞聖人750回忌記念企画 親鸞展」

(4/28~5/10 三越本店新館ギャラリー)

言うまでもなく、前者がメインなのであって、

後者は、ついでがてらである(カードで無料入場)

三井美術館は見ごたえがあったので、

あらためて、明日触れることにする。

「親鸞展」は主催が浄土真宗でないためか、

みるべき史料展示が少なく、パネルと映像によって、

親鸞の一生をイメージ構成したのみで、一見の価値は無い。

ただ、「門徒さん」は大勢入場しているようで、

現代作家の造った親鸞坐像の前で、

手を合わせる年配の女性もいたほどだった。

面白かったのはグッズコーナーのほうか。

まず、これはいい記念になると思って購入したのが、

「他力本願」ストラップだ。@\714也

同様の「悪人正機」ストラップもあるが、そちらは遠慮した。

それより、今回の目玉商品は、

海洋堂謹製「親鸞坐像フィギュア」@\3150也 らしい。

目の前で、5個まとめ買いする青年あり。

スタッフに聞くと、購入層は老若満遍なくということだが、

地方の浄土真宗のお寺さんが、

檀家さんのために大量購入することもあった由。

去年の東博・興福寺展で阿修羅像フィギュアが完売したのと、

似たような現象なのであろうか。

いずれせよ、奇特なことではある。

さすがに筆者には買えなかったけど(笑)

そういえば、「親鸞さん」も中世人なのだな。

(写真 CX2)

|

« 中世の銭湯 | トップページ | 家康という男 »

もの、モノ、物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中世の銭湯 | トップページ | 家康という男 »