« 「海民と日本社会」 | トップページ | 白塗りの銀閣とホワイトボディのカメラ »

2010年5月31日 (月)

井戸を汲む母娘

B10053001

東博の「平成21年度新収品特集陳列」(~6/13)は、

昨年、新たに購入、寄贈を受けた収蔵品を特別展示するもの。

中世絵画では、男衾三郎絵詞・断簡(鎌倉期 13C)に注目した。

絵巻物をバラバラに切って、掛け軸に仕立てることが、

近世に流行する。本品もそれで、井戸を汲む母娘を描く。

このタイプの中世の井戸は各地で出土している。

ついでながら、上記とは別に、既に東博は、

男衾三郎絵詞の長巻(重文指定)のほうを所蔵するが、

その中に「金髪で鼻の高い山賊」(北方系ではと言うが不明)

が登場するので、研究者の間で話題になっているわけだ。

(筆者も実物は未見。是非確認したい)

(写真 CX2)

|

« 「海民と日本社会」 | トップページ | 白塗りの銀閣とホワイトボディのカメラ »

美術史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「海民と日本社会」 | トップページ | 白塗りの銀閣とホワイトボディのカメラ »