« 鎧袖ストラップ(3) | トップページ | 山梨県博へ(1) »

2010年6月28日 (月)

南品川にて(1)

B10062701

B10062702

品川津探索、御殿山編に続いて、南品川へ行って来た。

今日は時宗三寺、日蓮宗二寺を観る。

この街が東京の下町と大きく異なる点は、

大火や戦災などで焼けた寺々を集めたのではなく、

中世の都市的な場を起源として、近世の宿場町へと、

ずっと存続してきた寺町であることだ。

時宗の寺が三つも集っていることからもそれが知れる。

京急新馬場駅から青物横丁駅までの狭い地域だが、

今でも、非常に濃厚な宗教空間なのがよく解かった。

写真は今回の目玉でもある、時宗・長徳寺。

その他にも、いくつか興味深い事実に遭遇したのだけど、

実は、昨夜より、左肩激痛にて、

キーボードを叩くのもシンドイ有様なのだ。

因って、明日以降、おいおいと投稿していくことにする。

ご容赦を… 

さて、生薬黄檗配合のパスタイムオーシップを貼らねば…

(写真 CX3)

|

« 鎧袖ストラップ(3) | トップページ | 山梨県博へ(1) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎧袖ストラップ(3) | トップページ | 山梨県博へ(1) »