« 一夜明けて | トップページ | 南品川にて(1) »

2010年6月27日 (日)

鎧袖ストラップ(3)

B10062602

鎧袖ストラップのコレクションに「赤備え」を加える。

人気の「真田の赤備え」ではなくて、

本来の「武田の赤備え」である。

武田家では、飯富兵部虎昌の部隊が最初であり、

実弟(甥とも)の山県三郎兵衛昌景に受け継がれた。

武田家滅亡後、遺臣たちが彦根・井伊家に召抱えられたため、

「赤備え」は幕末まで続いたことになっている。

今回は山県昌景をイメージして、花菱紋にしてみた。

(主家、武田の紋だが、一門家臣たちも用いた。

 山県氏は桔梗紋と一緒に使っていたようだ)

(写真 CX2/CX3)

|

« 一夜明けて | トップページ | 南品川にて(1) »

もの、モノ、物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一夜明けて | トップページ | 南品川にて(1) »