« クスノキとアオスジアゲハ | トップページ | 鎧袖ストラップ(3) »

2010年6月26日 (土)

一夜明けて

B10062501

B10062502

一夜明けて、この街に漂う、

も~っとするような非日常感に、何だこれはと目をこする。

もとより筆者は、スポーツ試合のあの熱狂が苦手なので、

昨夜は熟睡し、朝、街を歩いて初めて、

ああそうなのかと合点する始末なのだ。

ただ、歴史を観察する者にとって、今回のワールドカップは、

「弱い者」がいかにして勝っていくかということと、

「強い者」がいかにして没落していくかということを、

実に端的に、判りやすく見せてくれる点において、

有益であるなと、密かに思っているわけだ。

(写真 CX3)

|

« クスノキとアオスジアゲハ | トップページ | 鎧袖ストラップ(3) »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クスノキとアオスジアゲハ | トップページ | 鎧袖ストラップ(3) »