« 日々の写真 7/15 | トップページ | 奈良での日々 »

2010年7月18日 (日)

梅雨明け

B10071701

B10071702

日本橋で平城遷都1300年記念にちなんだ三つの展覧会を観る。

「奈良の古寺と仏像 ~会津八一のうたにのせて」

(三井記念美術館 ~9/20)

「小川晴陽(偏が日)没後50周年記念写真展 祈りのかたち」

(日本橋三井タワー1階アトリウム ~7/25)

「入江泰吉写真展 奈良・大和路巡礼の旅」

(日本橋三越本店 本館1階中央ホール ~7/20)

どれも極めてオーソドックスな展覧会のようだけど、

仔細に観ると、それなりに面白いところあり。

入場者の年齢層も高いが、入りは上々だ。

入江泰吉の、飛鳥の夕景(79年撮影)の前で、

「実にいい、黄昏の色ですね」と年配の男性に声をかけられる。

ふと、同級生と自転車で、奈良・飛鳥を撮り歩いた、

高校の写真部の頃を思い出し、心に温かいものが満ちてきた。

(写真 CX3)

|

« 日々の写真 7/15 | トップページ | 奈良での日々 »

美術史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日々の写真 7/15 | トップページ | 奈良での日々 »