« 昨日見た夢(2) | トップページ | 経済学の本質 »

2010年9月 7日 (火)

ジュンク堂でもとめた最初の本…

B10090601

開店したばかりのジュンク堂で最初にもとめたのは、

「シリーズ遺跡を学ぶ №72 鎌倉幕府草創の地

  伊豆韮山の中世遺跡群」

 (池谷初恵著 2010・8刊 新泉社) @¥1575也

古代から近代に至る、

各地の話題の遺跡の最新情報をムック化した、

ちょっとユニークな、シリーズ本だ。

もとよりジュンク堂だから、ずらっと巻数が揃っている。

伊豆韮山はあの北条一門の故郷で、

頼朝の旗揚げ、政子との馴れ初めの地、

戦国期では、堀越公方、北条早雲の韮山城と、

中世史スポットがテンコ盛りである。

しかも、最近になって発掘調査が進み、

北条氏館の発見などの成果があった。

中世の景観も比較的よく残っているようだ。

要探索地のリストに加えねばならぬ。

(写真 CX3)

|

« 昨日見た夢(2) | トップページ | 経済学の本質 »

本の森から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨日見た夢(2) | トップページ | 経済学の本質 »