« 世田谷御所(1) | トップページ | あの角を曲がれば…(1) »

2010年10月29日 (金)

世田谷御所(2)

B10102801

B10102802

吉良氏の菩提寺、勝光院から、やや北に上がると、

世田谷八幡がある。戦国期の天文年間に吉良氏が氏神として、

創建したようだ。

平安時代の後三年役と源義家に纏わる伝説もあるが、

この類の話は、東国の古道沿いによく残っているものだ。

先に触れた、ここを抜ける―世田谷城―元宿の矢倉沢往還の、

旧ルートが鎌倉期に遡る可能性を示すものだろうか。

さて、そろそろ、

世田谷代官屋敷界隈探索の総括をせねばならない。

しかし、ひとまず、頭の整理をする必要がある。

今日の冷たい雨のせいか、クシャミも止まらないし、

今宵は休養と書見に充てたくなったので、ご容赦…

(写真 CX3)

|

« 世田谷御所(1) | トップページ | あの角を曲がれば…(1) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷御所(1) | トップページ | あの角を曲がれば…(1) »