« 薬を待つ間に(1) | トップページ | お白洲である! »

2010年10月17日 (日)

薬を待つ間に(2)

B10101601

B10101602

「世田谷代官屋敷」は撮影向きのスポットで、結構楽しめる。

この辺りの地番は世田谷一丁目~三丁目となっているようだが、

本来の字名は「新宿」というのである。

大山道に沿って、「上宿」「下宿」とあり、世田谷線の線路を越えて、

区役所付近に至っては「元宿」が存在した。

現在、上町と呼ぶのは「上宿」に由来するものだろう。

その経緯は「ボロ市」の歴史と深く関わっている。

それにしても、地名というものは、

地域の失われた歴史を刻し、伝える、

かけがえの無い遺産であるのに、

こうして消し去ってしまうのは、全くの暴挙と言わねばならぬ。

でも、まぁ、「代官屋敷」から思いもかけない、

中世世界への入り口を見つけたのは嬉しかった。

引き続き、その話を…

(写真 CX3)

|

« 薬を待つ間に(1) | トップページ | お白洲である! »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬を待つ間に(1) | トップページ | お白洲である! »