« 神田明神裏から駿河台へ | トップページ | 連雀商人のこと(1) »

2010年10月 4日 (月)

「職人歌合」をもとめる

B10100301

石井進氏の「中世のかたち」(2002/1 中央公論新社)の、

後半、市と宿、連雀商人に関する論考は思い当たることが多く、

(その件については稿をあらためる必要あり)

近頃に無く興に乗った。それに刺激されて、午前中、

Amazonにて、「職人歌合」(網野善彦著 岩波セミナーブックス)

「七十一番職人歌合…」(新日本古典文学大系)を発注する。

後者は、奇遇にも吉祥寺よみた屋さんの在庫で、

早速に発送してくれた旨のメールあり、感謝。

午後より、新横のショールームに出向き、

什器家具類の下見をこなす。

その足で、夕刻より会食、先程戻ったばかり。

(写真 CX3)

|

« 神田明神裏から駿河台へ | トップページ | 連雀商人のこと(1) »

本の森から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神田明神裏から駿河台へ | トップページ | 連雀商人のこと(1) »