« 世田谷御所(2) | トップページ | あの角を曲がれば…(2) »

2010年10月30日 (土)

あの角を曲がれば…(1)

B10102901

今日もバスを降りて、世田谷通りのあの角を曲がって通院する。

そう、それが思いもかけない中世世界への入り口だった。

自分が歩いていた、その道が古道であり、

かつての宿と市への入り口だったわけだ。

矢倉沢往還の世田谷新宿前のクランクは、

(既に同様のものを雑司が谷・宿坂下で発見しているが)

この夏、東博で観た江戸中期の「東海道分間延絵図」という、

幕府が道中、宿々の様子を詳細に描かせた絵図も思い起こさせた。

矢作川、岡崎、藤川宿辺りの場面だったか、宿の入り口付近で、

道が大きく、クランクしているのだ。

屈曲を利用して「見付け」呼ばれる柵が設けられ、

その先に、道を挟むように対になった一里塚がある。

ちょっと見ると、街道というものは、

専ら軍事的な観点で造られたと考えたくなるが、

それは中世後期から、江戸期になっての話だと思う。

南北朝期以降、戦乱が全国規模になり、大軍が頻繁に、

各地を往ったり来たりという状況になってからではないか。

普段は、時衆、修験者、御師、巫女といった宗教者たち、

芸能者や職人、連雀商人、道々の輩たちの表舞台だったはずだ。

クランクには、何か「宗教的」な視点が、

隠されているような気もしてきた。

B10102902

(写真 CX3)

|

« 世田谷御所(2) | トップページ | あの角を曲がれば…(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷御所(2) | トップページ | あの角を曲がれば…(2) »