« 冬の黄昏、ボロ市通りにて | トップページ | 佐倉にて(1) »

2010年12月26日 (日)

発掘成果その九

B10122501

B10122502

B10122503

一連の発掘品、今回で一応締めるが、

あとは運送会社の倉庫に一時保管され、来年初、纏めて、

発送されることになっている。そっちには、

大量の古写真がありそうで、それは稿を改める。

さて、上は父親が戦場へ携帯したと思われるモノたちだ。

錆びたシガレットケースのようなものの中に…

神社の守り札二枚(誰かに頂いたのか?) 祖父母の写真、

何故か一銭硬貨(何らかの呪術的な意味か?)

仁丹のケースに入れた代々木八幡社々頭の小石、

(当時、代々木在住だったから?)

終戦時に佩用していた陸軍大尉の階級章、

(いわゆる「ポツダム大尉」だったと云う)

…が入っていた。

いずれも運送会社のスタッフたちが回収した。

感謝である。

(写真 CX3)

|

« 冬の黄昏、ボロ市通りにて | トップページ | 佐倉にて(1) »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の黄昏、ボロ市通りにて | トップページ | 佐倉にて(1) »