« 後三年合戦絵巻を観る(2) | トップページ | 発掘成果その二 »

2010年12月17日 (金)

発掘成果その一

B10121603 

引越し第四日目。

苦しい作業の中で、一服の清涼剤と云うべきは、

時々、発見される出土品なのであろう。

露出計とクイックホルダーは無事、回収された。

もちろん、ごく表層部からである。

興味深い品々を発掘する。

昭和二十年代に父親がリコーフレックスで撮ったと想われる、

ネガフィルム。その頃、関西に住んでいたので、

現像は殆ど大坂の写真機店だ。

ローライやライカをあしらった、懐かしい体裁のネガケースに入り、

肝心のネガの状態もいい。デジタルじゃ、こうはゆくまいな。

(写真 CX3)

|

« 後三年合戦絵巻を観る(2) | トップページ | 発掘成果その二 »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

ネガケース貴重ですね。こういうものだと取っておきたくなります。
ライカもバルナック型ですね。
引越し作業はクリスマス前には終わりそうですか?

投稿: 胸の振り子 | 2010年12月17日 (金) 15時48分

こういう時にはいろいろなものが見つかるものですね。ちょっとエキサイトしています。引越しのほうは苦闘しておりますが、
やはり、クリスマスまでには願いたいと…

投稿: kansuke | 2010年12月17日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後三年合戦絵巻を観る(2) | トップページ | 発掘成果その二 »