« 隣町の宝きょう印塔 | トップページ | やはり“TAOISM”があった… »

2011年1月24日 (月)

中世世界のパンク系?

B11012303 

思い立って、午後から上野の東博へ行って来た。

時々、チェックしておかないと、とんでもないものが、

出品されていることがあるからだ。

殊に年始の特別展示(~1/30)もある。

やはり、案の定だった。いくつかあった中で、

今日は「融通念仏縁起絵巻」(重文15C)が第一の収穫か。

もちろん、初見である。

度々、中世史の専門書で目にし、

是非、実物を観たいとは想っていた。

非人、乞食たちに混じって、右上に、

度派手な格好をした「異類異形の輩」が描かれる。

いわば、中世世界のアウトロー、パンク系である。

これまでも、触れてきたように、

筆者はこういった人々に魅かれ続けているのだ。

(写真 CX3)

|

« 隣町の宝きょう印塔 | トップページ | やはり“TAOISM”があった… »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 隣町の宝きょう印塔 | トップページ | やはり“TAOISM”があった… »