« 雪日 | トップページ | 峠の懐へ(1) »

2011年2月13日 (日)

雪の朝

B11021201

B11021203

この頃の天気予報は、ことさらに「降るぞ、降るぞ」と叫んで、

後で、大したことが無かったというのが多い気がする。

今回の首都圏の雪も、そのようで、

まぁ、結果オーライだから、文句は来まいが。

でも、やたらと予防線張って、ちゃっかり責任逃れって、

この感じ、最近どっかで視たなと考えたら、

大相撲の八百長騒ぎで、特番を組むほどに、

妙に?力が入ったNHKの報道ぶりだった。

そんなことより(そんなことです。周知に近いんでね)

50年近くの独占放映で、一場所5億(金額は非公開らしい)は、

下らないという放映権を、皆様の大事な聴視料から、

年六回も買っている事実はどう説明するのか。

(一回、二回抜けばいい話ではないよ)

「由緒正しき、相撲協会の善意」を信じ続け、

真っ黒な裏の実態を全く知らなかったとでも言うのかな。

50年以上「浅からぬ」付き合いがあったんでしょ?

トップの首がいくつ飛んでも、おかしくない仕儀ではある。

(写真 上中CX3 下S95)

|

« 雪日 | トップページ | 峠の懐へ(1) »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪日 | トップページ | 峠の懐へ(1) »