« 観桜(8) | トップページ | 谷戸の山桜 »

2011年4月17日 (日)

義経

B11041601

B11041602

B11041603

今年は大河ドラマ50年ということで、回顧する番組をやっている。

今日、ちょっと覘いたら、

「義経」(第4作 1966)の最終回を紹介していた。

筆者もおぼろげながら、記憶あり。

毎日曜日、週を締めくくる行事として、

父親が欠かさず視ていたな。

芥川比呂志の頼朝、徹底した悪役だったと思う。

後の大河の頼朝は、涙を流したり、

政子の尻にひかれたりだったから、時代なのであろう。

まぁ、言い換えれば、父親像の変化というやつか。

そうそう、奥州の藤原秀衡は滝沢修だった。

何を考えているか判らない、義経を包み込むような、

大物って感じで、今、考えても、ピッタリな配役だ。

CX5のハイコントラスト白黒モードは適当なアレ具合で、

古いモノクロTVドラマの画面を撮るのに向いているような…

…………

今朝、思いついて、ウォーカー・エヴァンスの写真が観たくなり、

Amazonにて、小写真集「ポケットフォト ウォーカー・エヴァンス」

(藤崎学人訳 2010/5 創元社)@¥1470也 を発注する。

何と夕刻には届き、Amazonでは最短記録となる。

(写真 CX5)

|

« 観桜(8) | トップページ | 谷戸の山桜 »

日々の写真とエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 観桜(8) | トップページ | 谷戸の山桜 »