« 鎌倉から尾久へ(2) | トップページ | 五月雨に煙る新緑 »

2011年5月 7日 (土)

山形勲?芦田伸介?

B12082004

「源頼朝の真像」(黒田日出男著 角川選書)の中で、

黒田氏は、もとより神護寺三像の伝頼朝像、そして、

東博の伝頼朝像も明確に真像ではないと否定している。

その上で、現在のところ、最も可能性が高いのは、

甲府市の甲斐善光寺にある頼朝像だとする。

今まで、理想化されがちだった、頼朝のイメージからすれば、

かなりかけ離れた感じのものだ。

この個性的な面貌、黒田氏は、かつての東映時代劇の悪役、

山形勲を思い出したという。

筆者は芦田伸介を想い出してしまったのだが、どうだろう。

(それにしても、昔は強烈な個性を持った俳優が多かったな)

実際の頼朝は、顔がデカくて短躯だったと、

確か、平家物語あたりでも記されていたようだし、

案外、近いのかもしれない。

B11050602

(写真 CX5)

|

« 鎌倉から尾久へ(2) | トップページ | 五月雨に煙る新緑 »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鎌倉から尾久へ(2) | トップページ | 五月雨に煙る新緑 »