« 六月二日 | トップページ | 仏の嘘は方便、武士の嘘は武略… »

2011年6月 3日 (金)

府中郷土の森にて(2)

B11060201

B11060202

B11060203

府中市郷土の森博物館でやっている、

「特別展 アウトローたちの江戸時代」(~6/26)というのは、

江戸期の甲州道中、府中宿を跋扈していた、侠客、博徒、無宿人、

あるいは、虚無僧などの遍歴する芸能民や宗教者たちの実態を、

当時の文献や錦絵で追った、ちょっと面白い展示である。

また、企画展示「土佐源氏―宮本常一が描いた忘れられた日本人」

も見落とせないだろう。

(ついでながら、宮本常一は府中に在住していた)

郷土の森には「ハケ」(多摩川の崖線)の自然を利用した、

気持ちの良い庭園があり、結構楽しめる。

(6/1より、紫陽花まつりを開催中)

茶店で出している「ハケ団子」は、

武州名物の、あの醤油団子だった。

(写真 CX5)

|

« 六月二日 | トップページ | 仏の嘘は方便、武士の嘘は武略… »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六月二日 | トップページ | 仏の嘘は方便、武士の嘘は武略… »