« 元八王子にて(3) | トップページ | 元八王子にて(5) »

2011年6月27日 (月)

元八王子にて(4)

B11062601

B11062603

B11062604

B11062605

さて、お邪魔したお宅だけど、表側は前日の写真の如く、

ごく普通の分譲住宅を呈している。しかし、一歩、裏へ回ると、

すぐ庭先に、ご覧のような濤々たる流れが現れるのである。

聞けば、此処は湧水に恵まれ、このような水路が、

張り巡らされているようなのだ。

宿や市を構成する町屋の、生活用水のために造られた、

古くからの遺構(恐らく中世に遡る)だろう

琵琶湖畔や京都の裏町を彷彿とさせる光景に、暫し呆然とする。

昔はウグイが遡上し、蛍が乱舞したらしいが、

今でも十分に清冽で、水面を涼風が吹き渡っていた。

(明日はその水源を尋ねた様子などを…)

(写真 CX5)

|

« 元八王子にて(3) | トップページ | 元八王子にて(5) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元八王子にて(3) | トップページ | 元八王子にて(5) »