« 竹の開花 | トップページ | 建仁寺垣 »

2011年8月25日 (木)

藪と竹林

B11082401

B11082403

竹林のことを、現状、荒廃が相当進んでいるので、

藪と呼ばざるを得ないことが多い。

「藪」とくれば、「藪医者」なんて具合に、

頗る悪いイメージで捉えられている。

「藪」は音の当て字で、本当は「野巫」(やぶ)

…正規でない在野の、下級の陰陽師、

 遍歴する卑賤の声聞師、呪師、

 祈祷や呪い、怪しげな薬で病者を癒した…

に由来するのだと云う。

ある意味、隠語めいた言葉なのだろう。

対照的に、竹林のほうは「竹林の七賢」

「竹から生まれたかぐや姫」の竹取物語といったふうに、

聖なるイメージで彩られているわけだ。

竹の併せ持つ、相反する「聖と賎」のイメージは、

表裏、あるいは境界的で、極めてシンボリックなのである。

(写真 CX5)

|

« 竹の開花 | トップページ | 建仁寺垣 »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹の開花 | トップページ | 建仁寺垣 »