« 土門所用のジナーSを拝観する | トップページ | 日々の写真 10/14 »

2011年10月13日 (木)

聖なる竹林

B11101201

根津美術館(特別展 春日の風景 ~11/8)にて、公開中の、

「春日権現験記絵」は宮内庁三の丸尚蔵館収蔵の、

巻第一と巻第十九(展示期間中の巻き替えはない)で、

いずれも、よく知られた場面である。

上は巻第一、第三段「竹林殿事」

…右馬充藤原光弘は春日大明神の託宣により、

大和川畔の竹林が子孫繁盛の霊地と示され、館を建てる。

光弘が入居すると、果たして、高貴な女性の姿をとった、

春日大明神が再び夢中に示現し、もし、竹林が繁茂すれば、

子孫繁栄すべしと告げる…

神は竹林を、ことのほか好まれるようだ。

子孫繁栄の霊力を持つ竹林、実用はともかくとして、

各地の在家に竹林を添える習俗も、

その辺りに起源が窺えるかもしれない。

(写真 CX5)

|

« 土門所用のジナーSを拝観する | トップページ | 日々の写真 10/14 »

美術史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土門所用のジナーSを拝観する | トップページ | 日々の写真 10/14 »