« 法然像フィギュア | トップページ | FUJIFILM X10 »

2011年10月28日 (金)

「法然と親鸞 ゆかりの名宝」展を観る

B11102703

この特別展(~12/4)の見どころは尽きないが、特に注目なのは、

中世絵巻の優品が纏まって出品されていることだろう。

まず、現存最長(全48巻531m)の絵巻とされる、

「法然上人行状絵図(絵伝)(14C 国宝/重文)は、

かなりの巻数が展示され、多くの有名な場面を鑑賞出来る。

 (例えば、法然幼少期の夜討ちの場など。上は晩年期、

  四国へ島流しになる途中、播磨室津で、

  小船をこぎ寄せる遊女たちに極楽往生を説く場面。

  中世の遊女の風俗や沿岸用廻船の描写が興味深い)

次に、これも国宝指定「当麻曼荼羅縁起」(13C 神奈川・光明寺)

そして、「慕帰絵」(14C 重文 西本願寺)である。

これだけで、筆者は十分満足なのだけど、

有名な「早来迎」(14C 国宝 知恩院)はじめ、

法然、親鸞の自筆書状や著作も見落とせないのは言うまでもない。

(写真 CX5)

|

« 法然像フィギュア | トップページ | FUJIFILM X10 »

美術史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 法然像フィギュア | トップページ | FUJIFILM X10 »