« 高尾山へ(8) | トップページ | 「天狗」の天敵 »

2011年12月 2日 (金)

高尾山へ(9)

B11120101

B11120102

B11120103

B11120104

紅葉の名所であるので、紅葉のサービスショットを加えておこう。

そう、高尾山というキーワードは、その関わりである。

まず、京都の高雄山が想起されるが、やはり、見立てだと思う。

戦国期の文書で、既に高尾山と呼ばれているのは、

共に薬師を本尊とする「東国の高雄」と云う自負もあったのだろう。

江戸期に入ると、江戸を京都に見立てることが流行るから、

同じく都の北西、南淺川を清滝川、紅葉ときたわけだ。

さて、下山して、温かいものが食べたくなった。

事前に店を調べておくべきだったけど、まぁ、ええままよと、

ケーブルカー駅前のとある蕎麦屋へ飛び込む。

今日を締めくくる鶏南蛮蕎麦 @\1000也 味宜し。

(写真 X10)

|

« 高尾山へ(8) | トップページ | 「天狗」の天敵 »

旅の空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高尾山へ(8) | トップページ | 「天狗」の天敵 »