« 日々の写真 1/11 | トップページ | ボロ市にて(2) »

2012年1月17日 (火)

ボロ市にて(1)

B12011601

B12011602

午前中、新宿、渋谷で所用をこなし、午後遅くに、

一昨年の世田谷宿探索以来、懸案となっていたボロ市を観てきた。

(ボロ市については、こちらとこちら、そして、こちらを

聞きしに勝る人出だったが、想わぬ出会いも…

B12011603

B12011604

とある骨董店で、古い小さな土人形に目が留まり、

(店の人によれば、戦前のものらしい。何処の産かは判らず。

 坐って居る台は、おまけで付けてくれた流用品だけど、

 何故かよくマッチしていた)

その姿に魅かれ、@\500で救出するに至ったのである。

烏帽子を被り、鼓に寄りかかって、休む姿は、

白拍子のようであり、千寿万歳のようでも、

「ごぜ」(目を閉じている)のようでもある。

まぁ、中世世界の流離の女芸能者を彷彿とさせたわけだ。

今宵、彼女は我がデスクトップで、久方ぶりの安らぎを得、

まどろんで居るかの様…

表情も和らいで見えるから、不思議也。

明日は、宿の市らしい出店を紹介しよう。

(捨身 CX5二代目)

|

« 日々の写真 1/11 | トップページ | ボロ市にて(2) »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日々の写真 1/11 | トップページ | ボロ市にて(2) »