« 上杉本洛中洛外図に正月を観る(2) | トップページ | 上杉本洛中洛外図に正月を観る(3) »

2012年1月 3日 (火)

両国へ

B12010201

B12010202

今日から両国の江戸東京博物館で始まった、

「NHK大河ドラマ50年特別展 平清盛」(~2/5)を観てきた。

とりあえず、見所は厳島神社から出品されている、

国宝「平家納経」と同じく神宝類だと思う。

列挙すれば、国宝「伝源為朝所用 小桜革黄返威鎧」

国宝「平家納経経箱」等々、

他に清盛、重盛、宗盛、忠盛の自筆書簡、経典類、

重文「延慶本 平家物語」(室町期 大東急記念文庫)

(現存では最も古態を残す、根来寺で筆写された写本)

珍しいところでは、

「平治物語絵巻断簡」(鎌倉期)

「西行像」(鎌倉期 MOA美術館)

重文「法住寺殿跡武具埋納遺構出土品」(木下美術館)

(法住寺殿遺跡は後白河院の御所跡であり、

 1978年、同所で発見された12~13Cの中世武将墓は、

 豪華な武具甲冑の出土で注目された)

尚、会期中、展示替が数回あるので要注意だ。

(捨身 X10)

|

« 上杉本洛中洛外図に正月を観る(2) | トップページ | 上杉本洛中洛外図に正月を観る(3) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上杉本洛中洛外図に正月を観る(2) | トップページ | 上杉本洛中洛外図に正月を観る(3) »