« 鬼が窺う | トップページ | 日々の写真 2/7 »

2012年2月 6日 (月)

「平清盛」を視る(6)

B12020501

若き清盛と(源)義朝、義清(西行)が各々の将来の夢を、

三人でダベるシーンは妄想にしても、

そこは「大河の特権」 まぁ、許せるか。

義清(西行)が18歳にして、既に一家妻子持ちなのは、

当時としてはごく普通である。義朝の東下りも宜し。

今回はトボけた秀才といった風の高階通憲(信西入道)は、

どんな役回り(悪役?)になるのか、注目だな。

B12020503

そして、唐船に乗った海賊登場!

ついでながら、筆者はやはり、

1972年の「新平家物語」を想い出してしまう。

清盛=仲代達矢 義朝=木村功 義清(西行)=蜷川幸雄!

信西入道=小沢栄太郎 藤原頼長=成田三樹夫

忠盛=先代・中村勘三郎 為義=佐々木孝丸 

崇徳院=田村正和 頼朝=高橋幸治…

おっと、大事なのは、北条政子=栗原小巻 でした…

(捨身 CX5二代目)

|

« 鬼が窺う | トップページ | 日々の写真 2/7 »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

信西はアベサダヲがやってますね。贔屓です。この人が西行をやってもよかった。今やっている藤木直人はハンサムで線が細すぎるように思います。

投稿: 振り子 | 2012年2月 8日 (水) 23時01分

確かに、今度の大河、前半で注目なのは、信西入道でしょうね。どんな新たな信西像が描き出されるのか。そして、山本耕史の頼長も… 
西行のキャスティングは非常に難しい。まず、彼の内面に抱えた様々な矛盾を如何に解釈するかってこと。所謂西行像は複雑な多面体を呈しているのです。

投稿: kansuke | 2012年2月 9日 (木) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼が窺う | トップページ | 日々の写真 2/7 »