« フィルムカメラを持って…(1) | トップページ | 「海を渡った二大絵巻」を観る(1) »

2012年3月21日 (水)

フィルムカメラを持って…(2)

B12031901

高校の写真部時代、皆がニコマートかペンタックスという中で、

一人だけ、発売間もないオリンパスOM1を持っている男がいた。

フィルムも、高価なトライXだけを使う嫌なヤツだった。

もとより、当方はSSかSSSしか買えない。

そんな皆の懐具合を見透かして、

そいつは自分のストックしたトライXを売りつけるのである。

彼の挨拶言葉は「ねぇねぇ、トライX買わない?」だったから、

あだ名も、「あのトライXが」であった。

爾来、トライXは避けるようになった。

(ついでながら、OM1も嫌いになったが、今は歳のせいか、

 なかなか悪くないと感じて居る)

そして人生、此処に到って、コダック社破産の報に接する。

トラウマは、そろそろ終了させて、

トライXを使ってみるのも一興かと思えるこの頃なのだ。

(捨身 ライツミノルタCL Mロッコール40㎜F2 PRO400)

(2008年8月 銀座にて) 

|

« フィルムカメラを持って…(1) | トップページ | 「海を渡った二大絵巻」を観る(1) »

写真の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィルムカメラを持って…(1) | トップページ | 「海を渡った二大絵巻」を観る(1) »