« 「平清盛」を視る(12) | トップページ | 「平清盛」を視る(13) »

2012年3月18日 (日)

西行物語絵巻

B12031701

西行物語絵巻から、吉野山を行く西行。

数ある中世絵巻の中で、そう目立った存在ではないが、

これからは一寸気をつけて観てみようと思う。

13世紀中頃の成立で全四巻、西行の出家遁世から入滅まで描く。

絵師は土佐経隆、詞書は藤原為家と伝える。

為家は定家の息子、まだ西行の記憶が生きていた時代だろう。

……………

BSプレミアムで「黒部の太陽」(特別編 1968)を視てしまった。

もとより、好みの映画ではないのだけど、

企業名が実名(…電力…建設)だったり、

往年の大物俳優ずらりだったりで、

つい、考え込んでしまうことが多くてね…

(捨身 CX5二代目)

|

« 「平清盛」を視る(12) | トップページ | 「平清盛」を視る(13) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「平清盛」を視る(12) | トップページ | 「平清盛」を視る(13) »