« 「平清盛」を視る(19) | トップページ | 至福の機会 »

2012年4月29日 (日)

「平清盛」を視る(20)

B12042801

摂関家の「朱器台盤」が出てきたついでに言えば、

平氏嫡孫に相伝される鎧、「唐皮」にも触れねばならないだろう。

忠盛から清盛、重盛、維盛と伝えられたはずだが、

2005年の「義経」では、小松家(重盛の系統)の没落で、

宗盛が引き継ぐ話になっていたと思う。

「唐皮」(からかわ)とは、将門追討で名を上げた、

嚢祖貞盛に由来する、唐渡りの皮を用いた鎧と云う。

平氏らしく、東アジア的な響きのある名がいい。

(因みに、源氏重代の鎧は、泥臭く「源太が産衣」と呼ぶ)

(捨身 CX5二代目)

|

« 「平清盛」を視る(19) | トップページ | 至福の機会 »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「平清盛」を視る(19) | トップページ | 至福の機会 »