« 観桜 2012 (9) | トップページ | 「平清盛」を視る(17) »

2012年4月19日 (木)

観桜 2012 (10)

B12041801

B12041802

B12041803

谷戸奥に行くと、まだまだ愉しめる。

当地では、谷戸(ヤト)と正統的に発音するようだけど、

筆者の育った、横浜・金沢から鎌倉の辺りじゃ、谷津(ヤツ)

やはり、三つ子の魂で「ヤツ」のほうがしっくりくる。

「真堂ヶ谷戸」(しんどうがやと)より、

(しんどうがやつ)だよな。

………………

彼の島を、もとめんと欲すれば、

広く勧進を行って、浄財を募る、中世方式に如かず。

都民の血税は、まず、大震災対策へ。

(捨身 CX5二代目)

|

« 観桜 2012 (9) | トップページ | 「平清盛」を視る(17) »

日々の写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 観桜 2012 (9) | トップページ | 「平清盛」を視る(17) »