« 多摩の霊地へ(3) | トップページ | 観桜 2012 (1) »

2012年4月 6日 (金)

日々の写真 4/5

B12040501

B12040502

B12040503

「多摩の霊地へ」一寸、頭を整理したいので、今宵は休みます。

まぁ、仮説めいたものを提起したいと…もう少しお付き合い下さい。

…………

日没近くの時間、その百草園尾根を裏側の谷戸から望める、

路線バスに乗り合わせる。驚くべきことに、

太陽が、ちょうど同尾根東端のピークに沈むのを観た。

此処は「仁王塚」と呼ばれ、江戸元禄期に経塚が見つかり、

長寛元年(1163)永万元年(1165)建久四年(1193)の、

銘が刻まれた銅製経筒が、今に伝世しているのだ。

この件は、筆者の「仮説」とも深く関わる。

…………

BS歴史館「大河の真相、平清盛!財テクで勝つ親子三代、

涙の出世術」を面白く視てしまった。

大河の両考証家、高橋昌明氏、本郷和人氏と、

会計士の山田真哉氏の対論は、専ら経済史の視点からだった。

日宋貿易、宋銭流入による貨幣経済の発達、

西日本と東日本(平氏と源氏)の物流と土地という、

経済感覚の違い、いずれも最新の研究成果に基づくものだ。

(捨身 CX5二代目)

|

« 多摩の霊地へ(3) | トップページ | 観桜 2012 (1) »

日々の写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩の霊地へ(3) | トップページ | 観桜 2012 (1) »