« 「半首」(はっぶり)を着けた武者たち | トップページ | 「平清盛」を視る(23) »

2012年5月12日 (土)

平治物語絵巻・信西巻を観る

B12051201

二子玉川、静嘉堂美術館の「平治物語絵巻・信西巻」

巻き替え三回目(~5/20)を観てきた。

これで、ボストン美術館、東博、静嘉堂美術館と、

平治物語絵巻現存三巻公開を全て鑑賞、

目出度く上がりとなったわけだ。

おそらく、三巻同時公開は暫く(今世紀中は)ないだろう。

上は、信西巻最後の場面、検非違使庁西の獄、

「獄門」の棟木に掛けられた信西の首と見物する人々。

(因みに、ボストン6/10迄 東博5/27迄 静嘉堂5/20迄

 となっているから、5/20が最終日だ。まだ間に合う)

B12051202

静嘉堂美術館の辺りは多摩川崖線(ハケ)の麓で、

湧き水が豊かだ。ちょうど翡翠が飛び立つのを見かけたが、

もとより、CX5で撮るのは難しかった。

(捨身 CX5二代目)

|

« 「半首」(はっぶり)を着けた武者たち | トップページ | 「平清盛」を視る(23) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「半首」(はっぶり)を着けた武者たち | トップページ | 「平清盛」を視る(23) »