« 武蔵府中残影(3) | トップページ | 武蔵府中残影(4) »

2012年6月11日 (月)

「平清盛」を視る(27)

B12061101

泣く泣く、叔父忠正と子息たちを斬る清盛という、

筋立てだけど、実際のところは諸説あって、

一族内の邪魔な分子を、この際、片付けたとも。

それはさて置き、この時代の処刑される人々の装束が気になった。

作法があったはずだが、近世の武士みたいに詳らかではない。

ドラマでは「色」(いろ)と呼ばれる、「鈍色」(にびいろ=鼠色)の

狩衣を着ていた。喪服である。

庶民ではなく、ある程度の身分なので、そうなったのだろう。

典拠は何処だろうか。筆者が今、思い当たるのは平家物語だが。

(捨身 二代目CX5)

|

« 武蔵府中残影(3) | トップページ | 武蔵府中残影(4) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武蔵府中残影(3) | トップページ | 武蔵府中残影(4) »