« 「平清盛」を視る(35) | トップページ | 「平清盛」を視る(37) »

2012年7月30日 (月)

「平清盛」を視る(36)

B12072901

(オリンピックで本放送が遅れているようですが、

  今回は、BSで6時台に放送されたものを元にしました)

讃岐に流された後の崇徳院を丁寧に描いたのは、

もとより大河初で、プラスポイントとしよう。

恐ろしい怨霊になる経緯は保元物語に沿っている。

「日本国の大魔縁となり、皇を取って臣となし、

 民を皇となさん…」と云う、有名な台詞を再現したのもよい。

演じた井浦新、好演だった(後半のオカルトっぽいのも?)

(捨身 二代目CX5)

|

« 「平清盛」を視る(35) | トップページ | 「平清盛」を視る(37) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「平清盛」を視る(35) | トップページ | 「平清盛」を視る(37) »