« 「平清盛」を視る(36) | トップページ | S100を導入した »

2012年7月31日 (火)

「平清盛」を視る(37)

B12073002

久しぶりに細部のネタを…

崇徳院の、讃岐の配所での生活は丁寧に描かれていた。

まず、院の住まいの柱に注目しよう。

樹皮が付いたままの、丸太である。

これを「黒木」と云う。そこから、

貴人の配所での居所を「黒木の御所」と呼んだりする。

あくまでも、流された罪人のための、粗末な建物なのだ。

ついでながら、「黒木」に対する「白木」とは、

樹皮を剥がして製材した「清浄」な材で、神殿などに用いられる。

白=清浄 黒=穢、又は異といった解釈もありうるだろう。

中世世界での「黒」の概念にも想いが馳せる。

いずれにしても、今回の大河、いろいろと細かいところまで、

考証が行き届いているので、プラスポイントが増えるわけだ。

ネタ元と思しき、絵巻を下に掲げる。時代はやや下がる、

13世紀初頭の作「北野天神縁起」の一場面だ。

大宰府へ流された菅原道真の居所、同じように、

粗末な丸太(黒木)の柱が見える。

(そういえば、この方も怨霊になったなぁ…)

B12073003

(捨身 二代目CX5)

|

« 「平清盛」を視る(36) | トップページ | S100を導入した »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

詳細な読み取りですね。みんな見過ごしてしまいますので、もったいないです。副音声で説明しながら放送するなどしたらと思いますが。

投稿: 振り子 | 2012年8月 1日 (水) 07時33分

細部をほじくるのは、ソレガシの悪い癖ですね。でも、やめられない、密かな愉しみでもあるのですよ。

投稿: kansuke | 2012年8月 1日 (水) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「平清盛」を視る(36) | トップページ | S100を導入した »