« 所謂「伝頼朝像」(其実、足利直義像)を観る | トップページ | 春日の杜へ(2) »

2012年8月22日 (水)

春日の杜へ(1)

B12082103

B12082104

奈良博から直近の中世史スポットと云えば、まず春日大社だろう。

残り三時間、此処だけは抑えるべく、探索の歩を進めることにする。

博物館すぐ裏が、若宮おん祭りの御旅所、

道なりに行けば、表参道に入り、一の鳥居を見上げる。

其辺りより広大な春日の杜が始まり、本格的な神域に入る。

奈良へ撮りに行くことが多かった、高校写真部の頃、

主に歩いたのは、興福寺、東大寺、薬師寺、唐招提寺…

斑鳩、飛鳥など…古代史関係の寺々ばかりだった。

奈良市内では、春日大社、新薬師寺、元興寺、奈良町は、

全くパスしていたのである。

今考えると、いずれも核心的な中世史スポットばかりだ。

この負い目、たとえ一部でも、晴らさねば…というわけなのだ。

B12082101

B12082102

(捨身 S100・二代目CX5)

|

« 所謂「伝頼朝像」(其実、足利直義像)を観る | トップページ | 春日の杜へ(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 所謂「伝頼朝像」(其実、足利直義像)を観る | トップページ | 春日の杜へ(2) »