« 春日の杜へ(3) | トップページ | 春日の杜へ(4) »

2012年8月27日 (月)

「平清盛」を視る(41)

B12082601

なんとか、後半に間に合った。

清盛、五十の賀の宴と、押しかける摂関家の基房、兼実兄弟、

清盛の息子たちと、舞や歌で競い合う。

今回は「中世芸能かくし芸大会」のようだな。

 (春日験記絵巻では、

  藤家の氏神である春日明神の加護も、

  この頃は、忠通、頼長の不信心で翳っていたと云う)

中世の、田楽法師の装束には、何時観ても、魅かれるものがある。

今でも、編木(びんざさら)を作っているところがあるらしい。

一本欲しくなった。

(捨身 二代目CX5)

|

« 春日の杜へ(3) | トップページ | 春日の杜へ(4) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春日の杜へ(3) | トップページ | 春日の杜へ(4) »