« 春日の杜へ(4) | トップページ | 春日の杜へ(6) »

2012年8月29日 (水)

春日の杜へ(5)

B12082801

八月十六日の、奈良の半端でない暑さを、

フィルム画像は余すところ無く、伝えてくれたようだ。

あの匂い立つような空気を眼前に想い出す。

デジタルでは難しかった。まず、気温が感じられない。

高校写真部の時も夏休みだったけど、

土用一番の、この暑い盛りじゃなかったはずだ。

年長けて今、盛夏昼下がり。

春日の杜に佇む。いい風情哉…

(捨身 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 SPXT400)

|

« 春日の杜へ(4) | トップページ | 春日の杜へ(6) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春日の杜へ(4) | トップページ | 春日の杜へ(6) »