« 春日の杜へ(5) | トップページ | 春日の杜へ(7) »

2012年8月29日 (水)

春日の杜へ(6)

B12082901

春日大社内院を囲む、美しい回廊は慶長18年(1603)建立と云う。

中世では、此処は社僧たちの読経の場、

 (神仏習合だから、神主の共に仏教僧がいる。

  やはり、中世世界では、仏が主で、神が従だろう。

  隣の氏寺、興福寺と不可分なのだ)

あるいは、参詣者の参籠の場だった。

鎌倉末期(延慶2年 1309)成立の春日験記絵巻にも、

現在とほぼ変わらない様子が描かれているから、驚きなのである。

(捨身 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 SPXT400)

|

« 春日の杜へ(5) | トップページ | 春日の杜へ(7) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春日の杜へ(5) | トップページ | 春日の杜へ(7) »