« 春日の杜へ(9) | トップページ | 春日の杜へ(11) »

2012年9月 6日 (木)

春日の杜へ(10)

B12090501

「林檎の庭」(9/1投稿)の右側にそそり立つのが「大杉」だ。

推定樹齢800~1000年と云い、彼の春日験記絵巻にも、

幼木の姿で描かれる。

春日の神は樹木を大事にされた。

験記絵巻では、しばしば、樹勢旺盛な松の大木が象徴となり、

樹上に神が示現した。

中世人は、時ならぬ春日の杜の紅葉や落葉も、

世の凶事を示す神意と解したのだ。

(捨身 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 SPXT400)

|

« 春日の杜へ(9) | トップページ | 春日の杜へ(11) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春日の杜へ(9) | トップページ | 春日の杜へ(11) »