« 春日の杜へ(10) | トップページ | 春日の杜へ(12) »

2012年9月 7日 (金)

春日の杜へ(11)

B12090601

春日験記絵巻に描かれた若宮(14世紀頃)の様子と現状を観る。

(大明神の託宣により、今様を所望された童子が社頭で謡う)

若宮は疫病飢饉が続く、十世紀初頭に成立、

長承四年(1135)現在地に若宮御殿が設けられ、

翌、保延二年に「若宮おん祭」が始まったとされる。

ちょうど「清盛の時代」も始まろうとしていた。

(当時、十九歳の清盛は中務大輔に任じられる)

若宮の示現は御霊信仰の流行と密接に関わる。

やはり「荒ぶる」神、また、芸能を好む神でもあった。

B12090602

(捨身 上二代目CX5 下S100)

|

« 春日の杜へ(10) | トップページ | 春日の杜へ(12) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春日の杜へ(10) | トップページ | 春日の杜へ(12) »