« 春日の杜へ(14) | トップページ | 春日の杜へ(16) »

2012年9月12日 (水)

春日の杜へ(15)

B12091101

全国には千を数える、春日大社の末社があると云う。

でも、それらの全てが、

前述の、四柱の神を正しく祭神としているわけではなさそうだ。

東大寺や興福寺配下の、大衆、非人、芸能民が集住する、

北山宿が在った奈良坂、奈良豆比古(ならつひこ)神社の祭神、

志貴皇子(春日宮天皇)の子、「春日王」は、

貴種たるライ者(ハンセン病)だったと伝わる。

社名も、往古は「春日社」と称していた…

こんな例は各地にあるのではないか。

因みに、奈良豆比古神社は、古様な「翁舞」で知られている。

様々な意味で、これはキーワードとなり得るかもしれない。

(捨身 ライツ・ミノルタCL Mロッコール40㎜F2 TX400)

|

« 春日の杜へ(14) | トップページ | 春日の杜へ(16) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春日の杜へ(14) | トップページ | 春日の杜へ(16) »