« 八王子城へ登る(4) | トップページ | 「平清盛」を視る(49) »

2012年10月14日 (日)

八王子城へ登る(5)

B12101304

今回は、八王子城址管理事務所のボランティアガイドの方に、

道案内をお願いしてみた。初めて場所、しかも、

一寸した山であるから、効率よく、安全にというわけだ。

実際、これは正解で、時間を節約出来て、

二時間程度で、一通り探索し終えたのだ(感謝です!)

まず、御主殿跡の直ぐ上の、間道へ入り、

ヤブ漕ぎを繰り返しながら、山道をよじ登る。

(下手をすると、深いヤブで道に迷う可能性もあり)

途中で、整備されたメインルートの階段道と合流し、

幾つかの平場(山城の曲輪跡=防御施設)を過ぎて、

山頂曲輪跡(本丸=460m)に至る。

そんなに長丁場ではないけど、急斜面があるので、

軽登山靴は必携、尚、ザックやストックがあれば、安心だろう。

谷一つ隔てた、高尾山ほどとは言わないが、眺望も悪くない。

B12101302

B12101303

(捨身 二代目CX5)

|

« 八王子城へ登る(4) | トップページ | 「平清盛」を視る(49) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八王子城へ登る(4) | トップページ | 「平清盛」を視る(49) »