« 北上する | トップページ | 鉢形城へ(2) »

2012年11月21日 (水)

鉢形城へ(1)

B12112001

B12112002

B12112003

JR八高線は首都圏に残された数少ないローカル線であろう。

電化されているのは、南半分の高麗川までで、

北半分の高崎までは、ディーゼル車に乗る。

この一寸した旅気分がいいわけだ。

さて、ディーゼルに乗り換えて、

眼前に秩父山系を臨む、寄居駅で降りた。

八王子城攻めの直前、天正十八年(1590)六月十四日に、

落城した、鉢形城を探索するのである。

その城は、荒川右岸の断崖上に築かれ、

広大な縄張りを有していた。

(捨身 Canon S100)

|

« 北上する | トップページ | 鉢形城へ(2) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北上する | トップページ | 鉢形城へ(2) »