« 平家は都を落ちはてぬ | トップページ | 新春能狂言を視る »

2012年12月31日 (月)

「平清盛」を視る(65)

B12123001

この稿をBSの総集編を視ながら書いている。

今回で、とりあえず一旦、締め括ろうと思う。

文治二年(1186)東大寺再建勧進の為の、

二度目の奥州下りの途上、西行は鎌倉で頼朝と会う。

吾妻鏡で有名なエピソードだ。

最終回は、西行が多くを語る筋立てになってしまったが、

ドラマは頼朝を語り手にしていた。その違和感は既に述べた。

脚本の甘さであろう。西行の大きさに負けたわけだ。

さて、今年の大河の、最大のプラスポイントは、

近年に無い作り込みのよさである。

代表的な中世史家が(異例の)二人も考証についていたし、

中世世界の習俗も、細部までよく再現されていた。

一方、マイナスポイント、こっちのほうが大事なのだけど、

「何故、今、清盛なのか」という問いに十分答えられなかったことだ。

(拙ブログでも、二年前製作発表の時に触れている)

特に、終盤にかけて、脚本が安易に、

平家物語に依拠するところ、大であったのは否めない。

(このやり方では、従来の「文学」の視点を超えられず、

 平凡な「無常観」に絡め捕られてしまう)

最後まで、型破りな挑戦者「清盛」に拘り続けて欲しかった。

(今後も、折に触れて、気付いたことがあればアップします)

(捨身 Canon S100)

|

« 平家は都を落ちはてぬ | トップページ | 新春能狂言を視る »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

「武士の世を作る」をドラマのエートスにしたことに、最後まで、ずーっと違和感を感じていました。前史をじっくり目せてくれた事はよくやったと思いました。デジタルシネマ映像はもっと別の可能性があったと思います。

投稿: 振り子 | 2012年12月30日 (日) 22時28分

そうですね。「武士の世をつくる」と連呼していたのが少々、耳障りでした。自分たちの世をつくると云ったほうが良かったかも…

投稿: kansuke | 2012年12月31日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平家は都を落ちはてぬ | トップページ | 新春能狂言を視る »