« 冬の日差し(5) | トップページ | 説経節「をぐり」を読む(3) »

2013年1月22日 (火)

説経節「をぐり」を読む(2)

B13012101

岩佐又兵衛描く「小栗判官絵巻」第八巻十五段、

武蔵・相模両国の郡代、横山館の場。

小栗主従をもてなす宴は、今やたけなわである。

左手上座、黄の直衣は小栗判官、右手、三つ巴紋の直垂が、

横山殿であろう。彼は、頃合いを見計らって、小栗たちに、

「七付子」(しちぶす)を仕込んだ毒酒を勧めようとしている。

この横山の館跡と伝わるのが、八王子旧市街・元横山町に在る、

八幡八雲神社だ。境内に横山一族を祀る横山神社が建つ。

この前、近くを通ったので、観て来た。

訪れたのは、二年前の八王子祭り以来になる。

B13012102

(捨身 二代目CX5)

|

« 冬の日差し(5) | トップページ | 説経節「をぐり」を読む(3) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の日差し(5) | トップページ | 説経節「をぐり」を読む(3) »