« 横山党幻影(6) | トップページ | 横山党幻影(8) »

2013年3月17日 (日)

横山党幻影(7)

B13031601

龍見寺・大日堂が見えてきた。

現状は、土塁めいた斜面上の平場に建つが、

創建時には、壇下の畑地に在ったと云う。

付近に湧水群もあり、霊地、勝地として理想的なのが判る。

B13031602

この堂内に平安後期(11C)の大日如来坐像が安置されている。

年一回、十月の大般若会で開帳がある。

写真で観る限りでは、藤原期の定朝風で、秀作だと思う。

因みに、出羽三山の本地仏は以下の通りだ。

阿弥陀如来=月山権現 

大日如来=湯殿権現 

聖観世音菩薩=羽黒権現

B13031603

背後の土塁状の斜面を登ってみる。

湯殿川の渓谷が見渡せた。

八王子一帯は、修験者の足跡が彼方此方に残り、

高尾山、高幡不動をはじめ、拠点も多い。此処もそうだが、

その中でも、古さでは、平安後期と群を抜いているようだ。

(捨身 二代目CX5)

|

« 横山党幻影(6) | トップページ | 横山党幻影(8) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横山党幻影(6) | トップページ | 横山党幻影(8) »