« 藤沢・遊行寺へ(14) | トップページ | 片瀬の浜にて(3) »

2013年4月30日 (火)

片瀬の浜にて(2)

B13042901

再び、藤沢市内の海側、片瀬の浜に戻ろう。

此の界隈に魅かれたのは、中世鎌倉の西の境界地で、

それに相応しい、様々な事件が起きた現場だからである。

今は、住宅地路地裏の、小公園になってしまったが、

一遍の足跡が印されている。

弘安五年(1282)三月一日、鎌倉入りを阻まれた一遍一行は、

数日間、鎌倉周辺の山中を彷徨う。しかし、北条一門の中に、

一遍の信奉者がいて、食事や宿所の面倒を見たらしい。

一説に、実は、一遍らは鎌倉内に入っていたのではないかと、

云うが判らない。

既に、別の念仏聖「一向」(=いっこう 興味深い存在だ)が、

…一遍と同年代で、主に東国をベースに、諸国を遊行し、

  踊り念仏を勧めた。一遍とは面識は無かったらしい。

  後に、時宗の一分派、一向派を立てる。近年まで、

  実在が疑われていたが、発掘資料で確認された…

鎌倉内に拠点を持っていたので、競合を避けたと云う説もある。

三月六日、一遍一行は片瀬の浜に現れ、「浜の地蔵堂」にて、

踊り念仏を挙行する。以下、一遍聖絵の場面を掲げる。

B13042903

集まっている聴衆の中に、数人の供侍を従えた、白狩衣で僧形の、

上級武士らしき男がいる。ひょっとしたら、北条一門か。

輿や牛車も、上流階級の支援者を暗示しているようだ。

右下の乞食小屋は、境界地ならではの光景だろう。

ついでながら、この画面全体の左側が、

不自然に切れていることのが指摘されている。

一遍聖絵の謎の一つで、その経緯は明日にでも…

(捨身 二代目CX5)

|

« 藤沢・遊行寺へ(14) | トップページ | 片瀬の浜にて(3) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤沢・遊行寺へ(14) | トップページ | 片瀬の浜にて(3) »