« 片瀬浜の浜にて(1) | トップページ | 藤沢・遊行寺へ(8) »

2013年4月19日 (金)

藤沢・遊行寺へ(7)

B13041801

東門と敵御方供養塔を背景にして、

ああ、此処も湘南なんだなと、想い至る風景哉。

でも、藤沢は、近世東海道の繁華な宿場にして、

元々は、時宗総本山・遊行寺の門前町なのである。

そのせいか、前々から、此の町に、どこか信州の善光寺にも似た、

微かだが、好ましい匂いを感じていたのだった。

B13041802

それ程の歴史なのに、

遊行寺に纏わるグッズ類は皆無に近いのだけれど、

門前へ続く道の、小さな和菓子店で見つけたのが、

金柑の砂糖煮を入れた、黄身白餡の桃山饅頭だ。

遊行寺の御用達で作られていると云う。

結構、洒落た味わいなので、お勧め出来る。

B13041602

さて、境内のさらに奥へ、歩を進めるとしよう。

(捨身 二代目CX5)

|

« 片瀬浜の浜にて(1) | トップページ | 藤沢・遊行寺へ(8) »

歴史(中世史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 片瀬浜の浜にて(1) | トップページ | 藤沢・遊行寺へ(8) »